自転車が引き起こす血管への支障と包茎の関係性

包茎は男性器の亀頭部分が包皮によって包まれた状態を指し、その種類も複数存在します。それにより排泄機能が落ちる・性交渉が出来ないといった事態には繋がることはありません。しかし男性のプライドを損なってしまうというケースはあり、昔から包茎は望まれない個性として認識されています。その原因も様々にありますが、その一つに成長期におけるイン頚部への血流不足が挙げられます。男性器の勃起は陰茎部分の血管に普段以上に血流量が増すことで引き起こされます。しかし学生のころは自転車に乗る頻度が多く、それがきっかけで血管を圧迫して血流を阻害していることが多いです。自転車のサドル部分は直接的に陰部周辺に当たりやすく、座ることで圧迫されてしまいます。陰部周辺が圧迫されると結果的にその部分の血流自体も阻害されることが多いです。また陰部周辺は非常に細く繊細な欠陥が集まっているため、容易に血流が悪くなり、性器への血流量も減ってしまいます。それが長くなるにつれて負担もかかり、結果的に勃起しにくくなることもあります。包茎は勃起をすることで自然と亀頭が露出し、包皮がむけることを繰り返すうちに改善されます。しかしその頻度が少ないと十分な露出と包皮がむける頻度が足りず、そのうちに成長期が終わってしまい包茎になってしまうというケースもあります。包茎自体は手術やトレーニングなどでも十分に改善することは可能です。しかし極力手を加えずに自然に改善していることが自尊心にも繋がりよいと感じる方が多いです。そのため自転車を利用する際は余り長時間座ったままの姿勢を維持せずに、適度に休憩を取り血管への負担を軽減させてい上げることが大切と言えます。