山わさびのような形になる包茎の改善法

包茎にはいくつかの種類がありますが、いずれも包皮が亀頭に被った状態のことを指します。一般的に治療が必要な包茎は、まったく包皮が剥けない真性と先端だけが露出するカントンの2つだけで、手の力を加えれば完全に亀頭が露出する仮性包茎は性行為自体が正常に行えるので治療しなくても良いとされます。しかし、包茎の状態では汚れが溜まりやすく衛生状態が良くないため治療する人も多くいます。
包皮が多く余っている状態は、山わさびなどのようにシワシワになります。勃起すると山わさびのような状態は改善されますが、それでも包皮が余分な場合には山わさびのようにシワが残ることになります。この状態になる理由は包皮が余分にあるということでありさまざまな改善法があります。もっとも手っ取り早い改善法としては、包茎手術です。この場合には皮の一部を切除してしまうというもので短時間で解消することができます。ただ、手術をする場合には高額な医療費が掛かりますし縫合痕も残るなどのデメリットがあります。特に縫合痕は医師の技量に大きく左右されることになります。
一方で昔から自力による改善が試みられてきており、外科的な方法に頼らない改善法もあります。至極簡単な方法としては小さい時でも包皮がかぶらないようにテープで引っ張っておくというものです。また矯正リングという方法もあります。矯正リングは亀頭のカリ首に装着するもので包皮がかぶろうとするのを抑えてくれます。またオナニーをするさいには皮がかぶらないようにするということも重要です。これは皮は伸縮性のあるものであり、皮を引っ張ることで長くなってしまいます。このためオナニーをするさいに皮を伸ばすような方法で行うと長い状態が維持されるため、包茎の状態が続いてしまいます。