子供の包茎、親の注意点

人間は生まれてきたときにはすでに性別がわかっているので身体のつくりも異なっています。
とくに男の子の場合にはしっかりとペニスもついた状態で生まれてきます。
しかし生まれたばかりの赤ちゃんは亀頭部分は包皮で覆われて保護されているというのがほとんどです。
そしてこの包皮が向けるのは子供によってさまざまとなっています。
子供の包茎のリスクに関しては、ペニス本体の発育が妨げられると言うことで短小包茎になる可能性があります。
大人になってからではペニスは成長しないので注意が必要です。
子供の包茎に関しての親の注意点は次のようになっています。
子供のペニスに関してはもし皮がかぶっている状態であれば最初は父親が優しく皮をむいてあげると言うことが大切です。
無理にはがそうとしないで最初は優しく行うと言うことが大切です。
そして子供の包茎でやってはいけないこととしては、綿棒などで軟膏を中に塗り込んだり狭い部分を無理に広くすると言うことはしないようにします。
また包茎の癒着を無理にはがすというようなことも避けます。
これらはとても痛みを伴うので、これがトラウマとなっるということだけではなく、触ることによって炎症を起こしてしまい包皮がより狭くなるという可能性があるからです。